銚子での本番が終わりました。

こんばんは、髙田絢子です。

10月2日に銚子にある新国立劇場舞台美術センターでコンサートを二回させていただきました。

一回目は一般のお客様向け、二回目は銚子第七中学校の学生さんたちに向けてのコンサートです。メンバーはPIVOT!の

伊藤達人、今野沙知恵、藤井麻美、山田大智の四人。

一般公開の回でも、たくさんのお客様に来ていただき、あたたかすぎる声援をいただきました。

 

今回のプログラムは歌で世界一周旅行!をテーマに色々な国の歌をお届けしました。

 

一部

気球にのってどこまでも

アメージンググレイス

ホームソングメドレー

フニクリフニクラ

蘇州夜曲

ふるさと

 

二部

乾杯の歌

私のお父さん

ハバネラ

闘牛士の歌

誰も寝てはならぬ

乾杯の歌

 

でした!大智さんのMCが素晴らしすぎて感動。素晴らしいのですが、本当に面白くてたくさん笑ってしまいました。なんであんなに面白いことがペラペラ話せるんだろう。

でも、今回のプログラム、愛のあるプログラムだったなぁと感激しています。

良いプログラムでした、とにかく。でもね、こういうものってお客様に伝わると思うのです。

先日、私はかかわっていませんが、プログラムを見てがっかりしてしまったコンサートがありました。勿論、私は音楽が仕事ですから、だからそのプログラムを見て、なんだ、このプログラムは…と思ったのかもしれません。私にはそのプログラムが、愛をもって準備したものには到底思えませんでした。演奏を聴いていないので、真実はわかりませんが…

私は、自分でコンサートのプロデュースもやりますし、プログラムの選曲から関わるときも、時々あります。愛や思いやりをもって真剣に誠実に選んだプログラムというのは、美しいものです。良いプログラム、ですね、つまり。なんでも演奏すればいい、というものじゃありません。お料理のコースと同じです。

なので、今回のこのプログラムは素晴らしかったと思います。素朴さもあるし、好奇心もあったし、理解がありました。このプログラムを組んだ歌手四人に拍手です。

演奏も勿論素晴らしかった。

良い仲間と良いお客様、良いスタッフの皆様に囲まれて、幸せな時間を過ごせました。

本当にありがたいし、幸せだな。私も、誰かを幸せにできるような、そんな人になりたい。

 

実は、NHKが取材に入ってくださり、その日のうちにテレビで放映されたそうです。

もしよければ、ご覧ください。良い雰囲気が伝わりますように♡

https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20181002/1080003959.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です